安全地帯と玉置浩二に関する徒然日記

安全地帯、玉置浩二とどのように関わってきたかを時系列に書いていきます。同時期に聴いていた音楽も紹介していきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「悲しみにさよなら」、「安全地帯4」やはり1985年はすごかった。

大好きな「熱視線」の後に、私にとって、衝撃のシングルが発売された。「悲しみにさよなら」。なに、このライトな感じのバラード。安全地帯の歌と違う。もう路線変更かと。後にベースの六ちゃんが言っているが、この曲が世に受け入れられたことで、バンドイメージの脱却が図れたという。やはり勝負の歌だったのだ。そして、未だに歌い継がれる名曲だ。香港で、1時施間ほどで作ったと、ベストテンかトップテンで玉置さんが言っていたのを覚えている。ほんとにすごい才能だ。
そして、お待ちかねの12月。安全地帯とユーミンのアルバム発売の季節。初めて発売日当日にレコードを買ったのが「安全地帯4」。「物語の中の5人」のようなジャケット。これまでと違う雰囲気に少し戸惑う。レンタルレコードではなく自分のレコードなので、針を落とすのに傷をつけてはいけないと思い、ドキドキした。いきなり玉置さんの息を吸い込む音が聞こえ、「夢のつづきは、木漏れ日、静かなあなたの瞳…」んっ、バラード? やはりこれまでと方向性を変えようという意図があったのだろう。バラードで始まるアルバムは初めてだ。未だにバラードベストを作る際の1曲目になる「夢のつづき」でスタート。「かーぜーになーるとーき」の部分が玉置さんの歌唱の真骨頂。吸い込まれそうな伸び。「青空」の「あおいこのそーらー」につながる。今ではライブでほとんど歌わない。しんどいのだろうか。残念だ。続いて、これぞ安全地帯の曲調へ転換「デリカシー」。こういうエロス系の曲は最高と考えていた中学生は末恐ろしい。「壊れすぎていい気持にもなれそうだから、もうわざと彼女になんかならないでいい」。次にシングルとして発売されていた「碧い瞳のエリス」。当時は地味であまり好きになれなかった曲だ。特に前奏が変だなあと思い続けている。トラウマだ。続いて安全地帯っぽいエレキギターで始まる「合言葉」。めちゃかっこいい。しびれた。今はもうないが、当時はやはり「安全地帯っぽい曲調」を求めてしまっていたので、一喜一憂したものだった。未だに「安全地帯ベスト」を作るときは、「遠くへ…」の次に持ってくる。ギターの響きが何となくつながるのだ。「問いかけた、甘く危なくあなたを震わす合言葉」。松井さんの歌詞が光っている。ここから「こしゃくなTEL」への流れが美しい。前奏が素晴らしい。間奏のトランペットが今聴いても、いいのだ。でも「安全地帯2、3」にはない曲調が多いことが、新鮮味がある以上に、少し消化不良気味に当時は感じた。なんか違う、と。今となっては名曲ぞろいのアルバムに位置づけられるけれど。 
B面。これも安全地帯のひとつのパターン。ドラムから始まる。「つり下がったハート」や「Yのテンション」の系統だが、またバラードでの始まりだ。「消えない夜」。今となってはパラートベストの上位だが、しかし、当時は、心はすでに次の曲「悲しみにさよなら」に移っていた。シングルレコードを持っていなかったので、早く聴きたくて仕方がなかったのだ。前奏がかかるや、一緒に歌ってしまう。「ひーとりーじゃなーいさー」の伸びが玉置さんの歌のうまさを顕著に表している。次はどんな曲かと楽しみにしていると、変わった曲調の前奏が始まった。また安全地帯っぽいとぞ、とうれしくなる。「彼女は何かを知っている」。タイトルも怪しいが、曲も歯切れがよく、カッコよくて魅惑的だ。未だに大好きな曲だ。「ガラスのささやき」この前奏がなぜか「ダサく」感じてしまった。これも未だにトラウマ。何となく歌謡曲っぽい。ベストの中には入って来ない。逆なのが最後の歌「ありふれないで」。最初は何も感じなかったけれど、聴けば聴くほど、歌詞が心に沁みてきた。大人の歌なのだと分かる。「本当の自分を投げかけることしかあなたの輝きに答えるものがない。……抱きしめてもいいだろう」安全地帯3の「抱きしめたい」の答えなのかとも思える、素晴らしい曲の数々。10曲、1曲3分程度というのがちょうどいいのかもしれない。
安全地帯はこの年の紅白歌合戦に出場しているが、これ一回きりである。




スポンサーサイト
ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

安全地帯 Remember To Remember 未だに車で聴きたくなる…。

安全地帯のアルバムらしくないジャケット。まだ方向性が確立していないういういしさがある。特に、ジャケットのウラを見ると、アフロヘアーの玉置さんと垢抜けないメンバーの写真がまたいい。完全に「抱きしめたい」と対極にあるジャケットだ。二年でここまで変わるか。
ライブ「ENDLESS」を聴いて遡ったので、知っている曲が結構ありそうだった。
1曲目の「ラスベガスタイフーン」きっちりとした音作り。ファーストアルバムの最初を飾るにふさわしい名曲だ。今回のソルトモデラートショーの1曲目も飾っている。玉置さんのクリアーな声と伸びがたまらない。今はこの伸びは聴けないが、アレンジは素晴らしいものだった。ライブ版の終わり方がかっこよかったが、アルバムは、軽快な前奏の「Run Of Luck」へと繋がってゆく。この歌は最高に良い。未だに大好きな曲だ。ここから、「ENDRESS」でいいなあと思った「エイジ」へ。「若さが一つの不足だった。傷つけあわずには求められずに」こういう歌詞が好きだった背伸びしたがりの中学時代を思い出す。「思わせぶりな、いたずらっぽい瞳、真っ直ぐに見つめると、澄み切った眼差しがまぶしかった」。この歳になって、そんな女性と恋に落ちてみたいなどとおこがましくも思ってしまう。その後に続く「イリュージョン」も、また大人っぽさを感じさせる渋いナンバーだ。さらにいいのが次の「サイレントシーン」。その歌詞もたまらなくいい。「女は愛美しく纏い、光揺れて影と交わる、サイレントシーン」。安全地帯2、3よりもいいのではないかと思わせる美しい楽曲群。確かに未だに好きなアルバムの1つだ。あとは安全地帯5と8であるが。ラストのサックスがかっこいい。A面が終わり、B面に変える。アメリカンロックのような壮大なスケールの前奏の「オンマイウェイ」。このアルバムは英語の歌詞(フレーズ)が多いことに気がつく。続く「Big Joke」もしかり。ライブ版「ENDLESS」の出だしと違う。途中の歌い方も違うので、ライブ版を更に楽しむことができた。ドラムの連打から始まる「リターントゥフォーエバー」。「国道を走りながらー、涙が止まらなくなるー」ちょっと青臭い歌詞がなんともいえない青春の陰影を表現している。しかし、古臭くない。「冬CITY-1」は「10th Anniversary acoustic special night」で歌われた珍しい歌だ。「抱きしめたい、分かるかい、俺の想いを、さらりと言葉でかわしながら、さりげないキスを交わしながら」。いい具合に韻を踏んでいる。そして、ライブ「ENDLESS」の1曲目を飾ったバラード「ENDLESS」。玉置さんの声が美しい。そして、ラストを飾る名曲「I NEED YOU」今絶対歌ってほしい曲だ。「とても苦しいのはまだ忘れていないから、お前、そして、俺、雨の中、歌いながら歩いた」。この歌は未だにふと聴きたくなる名曲だ。



ブログ | コメント:5 | トラックバック:0 |

1985年は豊作の年 「熱視線」と「ENDLESS」の年

この年、大好きになるシングル曲が発表された。「熱視線」。ちょうど「安全地帯3」を聴き飽きていた頃で、再び「マスカレード」にはまっていた時期でもあった。中学2年で、そろそろ受験も気にしないといけない頃だったが、シングルレコードを購入。何度リピートしたことか。本当にかっこいい曲だった。時折、息抜きのようにB面の「一秒一夜」を聴いた。確かカキ君(矢萩渉)作曲だった。安全地帯のイメージを壊してはいけなかったのだろうなと思う。それらしいコード進行の曲。「安全地帯14」の「盾」とは大違いだ。
それから数カ月後、ライブアルバムが発売になった。「ENDLESS」。意味が分からなかった。なぜなら、まだ「安全地帯1 Remember To Remember」を聴いていなかったから。欲しくてたまらなかったが、買うことはできず、レンタルできるようになるまで待って、レンタルレコード店に走った。なんと豪華2枚組。
ドキドキしながら家に帰り、半透明のレコードカバーからレコードを取り出し、板に針を落とした。聴いたことのない曲が始まる。「ENDLESS」。初々しい玉置さんの声。歌詞のように、透き通っている。~like feather。ドラムスティックの音と共に「マスカレード」の前奏が始まり、玉置さんの登場と(思われる)共にファンの嬌声のトーンがあがった。
やはり私の思いと同じく「マスカレード」はトップを飾るにふさわしい曲なのだ。この曲のエンディングのギターがめちゃくちゃかっこいい。またもやドラムから始まる「真夏のマリア」。玉置さんの歌い方が、レコードの原曲にそっくり。うますぎる。このエンディングは原曲と違いあっさりと終わる。ナーナーナーナッナーがない。ここから「安全地帯3」の曲が続く。「Happiness」。「Kissから」。「ブルーに泣いてる」。今思うと、シングル曲を最初に使うライブではない。曲数が増えた今、シングル曲が前半目白押しなんていうライブも結構見たので、月日の経つのは早いと思う。B面を聴くと、いきなり聴いたことのない曲。「Big Joke」と書いてある。軽快な曲調と歌詞。「分かりかけそうで人生、瞬きする間にしっぺ返し。Life was pain jokes on me」。この歳になると、そんなこともあるなと分かる。知らない歌が続く。「エイジ」。しかし、この曲は渋くていいなと中学生ながらに思った。ずっと「大人のいい女」なのだと思っていた。次にちょっと伴奏がレコードと違う「つり下がったハート」。これもライブで聴くとなかなか良い。「あなたに」「 …ふたり…」「アトリエ」「」と名曲が続く。ああ、こんなライブ、今見たい。 もう一度、A面のキャーという「マスカレード」を聴いた後、テープに録音し、2枚目へ。
ギターをポロロロンと弾きながら「誰かさんが、誰かさんが、誰かさんが見つけた~」と「小さい秋みつけた」が始まった。それが終わると、聴きなれたギターフレーズ。キャーの歓声。「恋の予感」ここで来るかという乾いたドラムの「yのテンション」「Lazy Daisy」そして「ダンサー」に続く。 B面はシングルラッシュ。「真夜中すぎの恋」でスタートし、大好きな「熱視線」。ライブではさらにかっこいい。次に聴いたことのないギターリフ「ラスベガス・タイフーン」。「 ワインレッドの心」「 La・La・La」「眠れない隣人」。そしてさわやかな、安全地帯らしくない曲「We're alive」。しかし、「会場に明かりつけてください、みんなが見たい」のフレーズは今聴いても最高だ。エンディングを飾るのは「安全地帯3」のラスト曲「瞳を閉じて」。
3枚のオリジナルアルバムを余すところなく収録した完璧なライブアルバムだ。今聴くとグルーブ感はまださほど出ていないが、デビューアルバムをぜひ聴きたいと思えた貴重な初ライブ音源だった。
後日、「安全地帯1」を借りるべく、レンタルレコード店に走ったのだった。



ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

1984年末 安全地帯3発売 路線の確立

確か同じ年の年末だったと思う。安全地帯3が発売されたのが。
中学校ではユーミン派と安全地帯派に分かれていて、私は、どちらも聴いていた。
レンタル可能になった1985年、「安全地帯3」と「NO SIDE」を借りにいった。
ジャケットを見て、「抱きしめたい」というキャッチと怪しい5人の写真から、安全地帯のイメージを認識した。ボーカルの玉置浩二は、ザ・ベストテンなどで見ていると「かっこ悪いな」と思っていたので、ジャケットの写真はよく撮れていると思った。
当時、いま1つシングルレコードの意義などはよくわかっていなかったので、「恋の予感」がよくかかっているなと思っていた。
1曲目の乾いたドラム音から始まる「Yのテンション」はCMとタイアップされていた気がするが、なんだったか思い出せない。「握り返さない手には、あなたがいないから…」文法のおかしい歌詞が安全地帯の真骨頂ということは、もう少し後になってから分かってきて、松井五郎の魅力にはまっていくのである。プログレの響きのようなギターで始まる「Lazy Daisy」は今でも大好きな曲。まさか今年のソルトモデラートショーツアーで聴けるとは思っていなかった。きっとメンバーが好きな曲ではないのかなと思う。「Happiness」の怪しい歌詞も最高に好きですね。サックスの演奏がかっこいい「ブルーに泣いてる」そして「恋の予感」。まさにこれこそが安全地帯の音楽。すごい流れ。きっと2を作った頃には、できていたのではないだろうか。裏面にして、「ダンサー」の類似系曲の「Kissから」。性的な夜を彷彿とさせる(中学生には分かりませんが)歌詞が素晴らしい。そして未だにバラード上位に残る名曲「」。絶対に聴いてほしい一曲だ。これほど曲と歌詞がしっくりきている曲はないのではないか。松井五郎の才能爆発である。「アトリエ」から「エクスタシー」への切り替えがまたかっこいい。友達は「エクスタシー」の間奏のギターが気持ち悪いといっていた印象がある。「冷たいベルベットの肌にピンクのシルエットが染みて」渋い。そしてラスト「瞳を閉じて」。美しいバラードで締めるのが安全地帯のアルバム作りなのだと感じた1曲。1曲がほとんど3分程度の凝縮された旨みのような楽曲たち。本当にいいアルバムだと思うが、今は「2」「3」は聴き飽きたアルバムとなってしまっている。しかし、名盤であることは間違いない。というか絶対に聴いた方がよい。





ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

安全地帯とのはじめての出会い1984年

安全地帯との出会いは中学2年生。
母から「すごい良い歌があるから、あんたも聴いてみ」と言われ、テレビを録音したカセットテープを渡された。それが「ワインレッドの心」だったのだが、聴いてみても、あまりピンと来なかった。
とりあえずLPレコードを借りてみようと思い、近くのレンタルレコード店に行った。
その異様なジャケットに、誰が歌っているのかもわからず、興味は惹かれなかった。どちらかというと、一緒に借りた「幻魔大戦オリジナルサウンドトラック」の方が楽しみだった。
中学生時代、喜多郎の「シルクロード」「飛雲」、稲垣潤一の「ドラマティックレイン」「揺れる心にフェードアウト」「ロングバージョン」などを聴いていたので、どちらかと言うとませていた少年だったのかもしれない。
「安全地帯2」の1曲目は「ワインレッドの心」。今考えると、やはりガツンと売り出し曲でファンの心を掴みたかったんだなと思える選曲だ。私なら「マスカレード」のシングルバージョンを1曲目でもよかったと思うけれど。次もハードなナンバー「真夜中すぎの恋」。続いてこれもキャッチーなメロディの「眠れない隣人」。コミカルな歌詞に驚きを隠せなかった。とにかくレコードは音が厚かったので、どれもがかっこよく聴こえた。そして「マスカレード」。これがめちゃめちゃかっこいい。「ワインレッドの心」なんてふっとんでしまうほどの痺れる曲だった。そして「あなたに」。今や、安全地帯の名曲といえばこの曲といわれるほどだが、初めて聴いたときはさほど好きにはならなかった。多分、恋をしていなかったからだと思う。続いて、レコードを裏返して聴き始めてびっくり。1曲目の「…ふたり…」。こんな歌は聴いたことがなかった。すごい。未だにトップ5に入る名曲である。何について歌った歌なのかは、後に知ることになるが、この歌詞とメロディが渾然一体となった曲はなんなんだ。痺れると思った。続いて元気なドラミングで始まる「真夏のマリア」。これも後に「そうなんだ」と思う歌なのだが、ここから「つり下がったハート」「ダンサー」とある意味このバンドらしさに繋がってゆくのかもしれないと思われるナンバーが続く。そして、ラスト「La-La-La」。前奏の幻想的な囁きのラララ。ノスタルジックで甘く切ない歌詞。聴いたことのない魅惑的なメロディ。14歳の少年はノックアウトされました。
とりあえずは録音したテープを聴きまくろうと思ったのでした。
これが安全地帯との出会い。1984年のことでした。今考えればデビュー2年目だっのですね。









ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

はじめまして

安全地帯&玉置浩二好きが高じて、
このようなブログを作ってしまいました。

安全地帯と玉置浩二の魅力を存分に書いてみたいと思います。

プライベートや仕事で出会った、メンバーや関係者についても、
書けることは書いていきたいとおもっています。

ぜひ、交流をお願いします。


ブログ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。