安全地帯と玉置浩二に関する徒然日記

安全地帯、玉置浩二とどのように関わってきたかを時系列に書いていきます。同時期に聴いていた音楽も紹介していきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

1990年9月3日安全地帯Ⅶ 夢の都ツアー

ようやく大学入試から解放され、コンサートに行けるようになった。
チケットを2枚買っていたが、結局彼女もおらず、
友人の女友達と2人で大阪厚生年金会館の3階席へ。
彼女はワインレッドの心くらいしか知らなかった。

ゆっくりと会場が暗くなり、「夢の都」のテープが流れ始めた。
「エンドレス」を彷彿とさせる静かな雰囲気が会場を包む。
「夢、夢、夢、夢の都~」
いきなりパーカッションのように音と連続的な激しいフラッシュが光る。
間違いなく「きみは眠る」の前奏だった。

「最後までニュースが嘘をつく、外された電話は凍えてる
途切れない夜と、壊れたグラスは寂しさを惑わせる」
フラッシュの中、玉置さんの声だけが聞こえてくる。
「他人でいるのには~」ここで幕が落ち、黒いスーツに包まれた安全地帯の5人が出現。
キャーという歓声が上がった。

「きみが眠る」が終わった途端、衝撃が走った。
なんと「ワインレッドの心」が2曲目だった。そんなライブが今まであっただろうか。
曲数が増え、ワインレッドの心が捨て歌になったのか、昔との決別なのか、
大学生の私には衝撃だった。
「プルシアンブルーの肖像」
「真夜中すぎの恋」
「ラスベガスタイフーン」と続き、
バラードの「青空」と「ともだち」をしっとりとのびやかに歌い上げた。
ニューアルバムから「あの夏を追いかけて」を歌った。
「抱きしめてもいいだろう~」の「ありふれないで」を歌ったときは感動ものだった。
続く「遠くへ…」はVの中でも大好きな曲だ。
「Friend」
「好きさ」
「碧い瞳のエリス」とシングル攻勢の後、
今よく歌う「Lonely Far」、そしてアフリカンテイストの「Shade Mind」カッコいい。
「Seaside Go Go」
「どーだい」
「情熱」
「じれったい」
「熱視線」と代表曲が続く。
そして1回目のアンコールが「悲しみにさよなら」「We’re Alive」から「I Love Youからはじめよう」だった。
2回目のアンコールが「夢のつづき」と「あなたに」

もう最高という言葉しかないコンサートだった。
最後、一緒に行ってくれた彼女の言葉は、「安全地帯って、結構知ってる歌たくさんあったわ」
だった。

そんな彼女も今は双子のお母さんという。


スポンサーサイト

ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム | 1990年 安全地帯Ⅶ 夢の都 発売>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。