安全地帯と玉置浩二に関する徒然日記

安全地帯、玉置浩二とどのように関わってきたかを時系列に書いていきます。同時期に聴いていた音楽も紹介していきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

安全地帯とのはじめての出会い1984年

安全地帯との出会いは中学2年生。
母から「すごい良い歌があるから、あんたも聴いてみ」と言われ、テレビを録音したカセットテープを渡された。それが「ワインレッドの心」だったのだが、聴いてみても、あまりピンと来なかった。
とりあえずLPレコードを借りてみようと思い、近くのレンタルレコード店に行った。
その異様なジャケットに、誰が歌っているのかもわからず、興味は惹かれなかった。どちらかというと、一緒に借りた「幻魔大戦オリジナルサウンドトラック」の方が楽しみだった。
中学生時代、喜多郎の「シルクロード」「飛雲」、稲垣潤一の「ドラマティックレイン」「揺れる心にフェードアウト」「ロングバージョン」などを聴いていたので、どちらかと言うとませていた少年だったのかもしれない。
「安全地帯2」の1曲目は「ワインレッドの心」。今考えると、やはりガツンと売り出し曲でファンの心を掴みたかったんだなと思える選曲だ。私なら「マスカレード」のシングルバージョンを1曲目でもよかったと思うけれど。次もハードなナンバー「真夜中すぎの恋」。続いてこれもキャッチーなメロディの「眠れない隣人」。コミカルな歌詞に驚きを隠せなかった。とにかくレコードは音が厚かったので、どれもがかっこよく聴こえた。そして「マスカレード」。これがめちゃめちゃかっこいい。「ワインレッドの心」なんてふっとんでしまうほどの痺れる曲だった。そして「あなたに」。今や、安全地帯の名曲といえばこの曲といわれるほどだが、初めて聴いたときはさほど好きにはならなかった。多分、恋をしていなかったからだと思う。続いて、レコードを裏返して聴き始めてびっくり。1曲目の「…ふたり…」。こんな歌は聴いたことがなかった。すごい。未だにトップ5に入る名曲である。何について歌った歌なのかは、後に知ることになるが、この歌詞とメロディが渾然一体となった曲はなんなんだ。痺れると思った。続いて元気なドラミングで始まる「真夏のマリア」。これも後に「そうなんだ」と思う歌なのだが、ここから「つり下がったハート」「ダンサー」とある意味このバンドらしさに繋がってゆくのかもしれないと思われるナンバーが続く。そして、ラスト「La-La-La」。前奏の幻想的な囁きのラララ。ノスタルジックで甘く切ない歌詞。聴いたことのない魅惑的なメロディ。14歳の少年はノックアウトされました。
とりあえずは録音したテープを聴きまくろうと思ったのでした。
これが安全地帯との出会い。1984年のことでした。今考えればデビュー2年目だっのですね。








スポンサーサイト

ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<1984年末 安全地帯3発売 路線の確立 | ホーム | はじめまして>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。