安全地帯と玉置浩二に関する徒然日記

安全地帯、玉置浩二とどのように関わってきたかを時系列に書いていきます。同時期に聴いていた音楽も紹介していきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

途轍もない最高傑作の誕生「安全地帯5」(Vol3)

緑版のB面の1曲目。軽快なホーンセクションで始まる「今夜はYES」。高校の英語の先生にレプリカントの意味を尋ねた覚えがある。言葉と音楽のおもちゃ箱のような、盛り上がる曲。「半端そうにYes」のタイトルはここからインスピレーションされたのかも。ここから怒涛の名バラードが続く。「あのとき……」。恋のバラード。少年の切なさが伝わってくる名曲。続く「まちかど」。会えないほど二人は離れたわけじゃないのに、声をかければたちまちあなたが消えてしまいそう。こんな思いを抱くのはもう40代以上なのかなあと思う。「好きさ」。ここで情熱的なシングルを挟んでくる所がうまい。めぞん一刻の主題歌だったこの曲は、コンサートでも定番の曲。当時はシンセドラムがかっこよかった。「声にならない~夕暮れ(インスト)」。この流れは本当に当時の安全地帯の真骨頂だと思う。武沢さんのアコースティックギターの美しさと言ったらない。ポートピアホテルの「デリシャスTライブ」のあと、最上階のラウンジで一緒に写真を撮ってくださって嬉しかった。玉置さんには断られましたが、握手してもらいましたけど。3枚め黄版のA面。「銀色のピストル」。愛されながらもいつか何を疑うの一人許せもしない罪におびえてる。こんな歌詞書けるか。これが安全地帯だ。痺れる。最近のアルバムに幻滅するのはやはりこの歌詞の妙味が欠けているせいだろう。「涙をとめたまま」。大人の雰囲気を醸し出す曲だ。大好きなのが「今夜ふたりで」。明かりを消してふたりで夜空にとけあうときだから。高校生の少年には刺激的過ぎました。もうすぐ知ってるキスみんな教えて待ってるその唇がどんなに咲き乱れるか見てみたい……。「いますぐに恋」。これも安全地帯らしいコミカルな曲。OWAO。きっちり入れてきますね。バミューババミューバミュバミュバミュー「あのMUSICから」。「ジョンがくれたギター」の前編みたいな曲。当時はあまり好きではなかったけれど、今はよく聴く曲だ。「Jのブルース」。大人の曲を集めた面は、最高潮の大人歌で締める。ラストの黄版のB面。あの名曲「夏の終わりのハーモニー」でスタート。玉置さんのアコースティックギターの演奏らしい「天使のあくび」。秘密の囁きのようなラストがセクシー。ここからかっこいい2曲が続く。「燃えつきるまで~夢になれ」田中さんのドラムソロが痺れる。そして大団円、アルバムを締めくくる「To Me」。高らかに歌い上げる今はもう作られないであろう名曲。本当にいまだに飽きない最高傑作の36曲である。このアルバムに出会えて本当に良かった。ありがとう。

スポンサーサイト

ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<生まれて初めて行った安全地帯LIVE 1987年4月2日大阪城ホール | ホーム | 途轍もない最高傑作の誕生「安全地帯5」(Vol2)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。